空き瓶

ARTICLE PAGE

「キリン一番搾り 富山に乾杯」これで…最後…なのか?

キリン一番搾り 富山に乾杯
★本日の空き缶★
きりんいちばんしぼり とやまにかんぱい


原材料 麦芽・ホップ
アルコール分 5.5%
内容量 350ml
製造者 麒麟麦酒株式会社


富山が誇る豊かな幸に合う、麦をしっかり感じる一杯。

地元のことを、富山の皆さまと語り合って生まれた味わいです。
富山が誇る豊かな海・山・川の幸によく合うように、穏やかな香りと、麦のしっかりしたうまみを、一番搾り製法で引き出しました。
地元の誇りを秘める富山の人に、みんなで“んまい”とダラほど楽しんでほしい一番搾りです。
富山支店長 土橋勝也
(缶ボディより)



振り分けルールが良くわからないところがあるけれど、名古屋工場製造の「富山に乾杯」。
一応これで、我が家の冷蔵庫にある47都道府県の一番搾りはラストなわけで…

何を逃したか、逃してないのかどうなのか、これから検証が必要となります。


キリン一番搾り 富山に乾杯


「富山に乾杯」は最後の1本にふさわしく、後味が気になる副原料なども使用しておらず、ややアルコール度数高め。
ふつうにおいしい一番搾りでした!


ところで缶ボディに書いてある「ダラほど」って、ほんとに普通に富山で使われている言葉なのでしょうか?
「ダラ」ってどっちかというと罵倒、っていう感じがするけど、この場合は「目いっぱい過ぎるほどたくさん」っぽい感じかな?



 
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
一番搾り富山に乾杯

Comments 0

Leave a reply