空き瓶

ARTICLE PAGE

「南国特産 ボンタンアメのお酒」文旦という果物の読み方について。

南国特産 ボンタンアメのお酒
★本日の空き瓶★
ぼんたんあめのおさけ


原材料 温州みかん果汁・ボンタン果汁・醸造アルコール・糖類・香料・酸味料・紅花色素・赤キャベツ色素
アルコール分 6%
内容量 500ml
果汁4%
本坊酒造株式会社


南国の澄み切った空から太陽のめぐみを受けて実るボンタンは最も大きな香ばしいみかんです。
その香り高い風味を生かして製造される鹿児島銘菓ボンタンアメ。
本製品は、そのボンタンアメの風味をイメージして造ったお酒です。
(ボトルラベルより)



ボンタンアメはむかーしからあるお菓子なので知っていますが、果たしてその味をはっきりと覚えているかどうか。

グレープフルーツもみかんもオレンジも味は記憶しているけれど、ボンタンアメは?

ということで、まずボンタンアメも買ってきて、味を思い出してから呑んでみようと思いました。


南国特産 ボンタンアメのお酒

ボンタンアメ
ビニールっぽいけどオブラートなので、フィルムを巻いたまま食べるんですよね


ところでボンタンアメは食べたことあるけど、果物のほうの文旦は食べたことありません。
ボンタンアメの箱にも「文旦飴」って書いてあるわけですが、文旦=ボンタンという読み方なの??

まずそこのところから確信が持てない。
文旦=ブンタンじゃなくて???

それともボンタンとブンタンは違うもの???

まあとにかく飴もリキュールもほぼ同じ味でした。
色も似せて作っているよね、たぶん。


南国特産 ボンタンアメのお酒
酒の箱もボンタンアメの箱そっくりに出来ています。


ボンタンアメリキュール全然はかどらない。
甘い、というのも理由の一つだけど、アルコール度数はビール並みで酒っぽいんだけど、ロック以外にちょうどいい飲み方が最後まで分からず。

ソーダ割りは余計味がぼやけて何味だか分からなくなるし。


ところでおととい大雪が降ったばっかりで、まだまだ雪山があちこちに築かれております我が家周辺ですが、ナニヤラ30年以上ぶりの寒波がやってくると。

ピンポイントでウェザーニューズの天気予報見てみたら、見たことないような気温が表示されていました。


マイナス9度の天気予報
うちは一応かろうじて横浜なのに、ライブカメラは大和のが出てくる

マイナス9度?!
今室温16度だけど、あと25度下がるってこと(外気が)?!

寝たら死んじゃわない?!


今夜無事乗り切れるだろうか果たして…!



 
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
ボンタンアメのお酒,ボンタンアメ

Comments 0

Leave a reply