空き瓶

ARTICLE PAGE

「キリン 一番搾り 三重に乾杯」名古屋から三重の先っちょまで行くのにえらい時間かかった記憶が呼び起こされる。

キリン 一番搾り 三重に乾杯
★本日の空き缶★
きりん いちばんしぼり みえにかんぱい


原材料 麦芽・ホップ
アルコール分 5.5%
内容量 350ml
製造者 麒麟麦酒株式会社

美し国・三重にふさわしい、繊細で上品な一杯。

地元のことを、三重の皆さまと語り合って生まれた味わいです。
しっかりとホップの苦みが効きながらも、すっきりした麦のうまみを楽しめる、繊細で上品な一杯に、一番搾り製法で仕上げました。
日本が誇る、美し国の名にふさわしい、三重だけの特別な味わいの一番搾りです。
三重支店長 山口和子
(缶ボディより)



名古屋工場製造の一番搾り「三重に乾杯」です。

そろそろ定番でない「乾杯」シリーズは、あるだけで手に入らなくなってるのかもしれません。
私は11都道府県のがセットになっているパッケージを購入したのですが、続編がそろそろ発売されているはずなのに酒屋に置いてありませんでした。

ネットで売ってるかな?と思ったけど、「三重に乾杯」は愛知の一部の酒屋で扱いがあるだけでした。

Amazonではなぜか検索結果に「乾杯戦士」だけが出てくるし…

乾杯戦士… TVKだけでやってるのかと思ったら、もしかして全国区だったのか?!

ちなみに「乾杯戦士」とは、悪者と戦ったヒーローの戦い後の打ち上げだけを描いた物語である。
ほぼ居酒屋とカラオケしか出てこないのである。

バカみたいだけどつい見ちゃったりするのです。 録画までして観ようとは思わないけど。


で、肝心の「三重に乾杯」ですが…
繊細な違いは分からないけど…、もうこの季節はなんでもうまいです!

度数がやや高の5.5%だけど、そんな感じはしない。だったはず。


キリン 一番搾り 三重に乾杯


7年くらい前に伊勢・志摩・鳥羽に行ったことあるけど、名古屋から近鉄「みえ」に乗り
延々と延々と延々と延々と行った先にありました。
新幹線で新横浜から名古屋に行くよりも遠かったです。

帰りに名古屋駅のホームで食べたきしめんがものすごくおいしかったです。


そういえばちょうどこれくらいの季節で、伊勢神宮はすごく湿気があったな~~~
赤福氷も食べた思い出。




にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
キリン一番搾り三重に乾杯

Comments 0

Leave a reply