空き瓶

ARTICLE PAGE

「山梨に乾杯」と「山梨づくり」の違いは

山梨に乾杯
★本日の空き缶★
いちばんしぼり やまなしにかんぱい


原材料 麦芽・ホップ
アルコール分 6%
内容量 350ml
製造者 麒麟麦酒株式会社

山梨の濃厚な郷土料理に負けない骨太な飲みごたえ。
地元のことを、山梨の皆さまと語り合って生まれた味わいです。
麦をしっかりと感じる骨太な飲みごたえと、ホップのフルーティな香りを、一番搾り製法で引き出しました。
仲間との絆を大切にする山梨の人に、無尽で熱く語りながら酌み交わしてほしい一番搾りです。
山梨支店長 田村伸夫
(缶ボディより)



過去「山梨づくり」を飲んだ記憶では、
もっと色も濃くて度数が高い味わいビールだった気がしたのですが→

KIRIN 一番搾り 山梨づくり

KIRIN 一番搾り 山梨づくり

色は別に濃くなかった。
アルコール度数も一緒だった。


味は?! 味は違うのか?!

「づくり」の方の味を覚えてないし… 
まあさすがに、缶のデザインだけ変えて、中身は一緒ということはないでしょうが…


「山梨」は横浜工場製造ということで、「横浜づくり」との違いはどうなんだ疑惑も出てきますが
横浜づくりはアルコール度数は6%で山梨といっしょだけど、横浜の方が色が濃かった。

キリン一番搾り 横浜づくり第2弾
氷グラスでよく見えないけど。 「横浜づくり」2回分の記事はこちら


それでは「山梨に乾杯」はどうだったんでしょう。
こうでした。

山梨に乾杯
うーむ…

 「横浜」とは違うけど「山梨づくり」とは一緒に見えるかな…?


今回「づくり」の地域と「乾杯」の地域とで分かれてるのはなんででしょうね!


合ってるかどうかわからないけど、キリンの工場がある9地域は「づくり」で
工場がない38都道府県のは「乾杯」だという話。




にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
一番搾り山梨に乾杯

Comments 0

Leave a reply