空き瓶

ARTICLE PAGE

世に「五三焼カステラ」なるものありけり。「福砂屋 特製五三焼かすてら」を普通に食す。

福砂屋 特製五三焼かすてら
福砂屋 特製五三焼かすてら

五味カステラ、五三カステラなどともいわれるらしく
卵黄が5、卵白が3の割合で作られるからであるなど書かれているところもありますが

福砂屋の商品ページや、商品についてきたしおりのようなものには
名前の由来については明記されていません。

福砂屋だけでなく、ほかのカステラメーカーでも五三焼カステラは販売されています。


そんなものの存在はこの日まで知りませんでした。


福砂屋 特製五三焼かすてら

高級品にありがちな、「実」が出てくるまでの長い道のりが始まる。

のしに描かれているもようはバットマン。
十二代清太郎さんが定めたという、幸福の象徴「蝙蝠」マークです。


福砂屋 特製五三焼かすてら

福砂屋 特製五三焼かすてら

福砂屋 特製五三焼かすてら

やっと本体現る。 といいつつすでに数切れ胃袋へ消えておりますが。

あっちの方が厚いだのこっちが薄いだの、
けんかにならないあらかじめカット済み商品です。 1本10切れ。

じゃーーーん。

福砂屋 特製五三焼かすてら

いつものように皿など出さずに直食いです。 
かろうじてフォークを使っているのは、カステラがみるからにしっとりしっとりしてるから。

底についている薄紙をはがすと…
(もちろん紙も味わう)

福砂屋 特製五三焼かすてら

超ザラメ! 
カリッカリッツ! ジャクッジャクッツ! という、小気味のいい歯ごたえです。

ただし暑い時期には、ざらめが少なくなっていたり消えていることもあるかもしれません。


福砂屋 特製五三焼かすてら

重い うまい 濃厚。
そしてまっ黄色。

原材料の一番最初に砂糖が来ているくらいに砂糖どっさり。
たまごたっぷりの味わい。

ただし普通のカステラより小麦粉の量は減らしているんですって。
だから福砂屋のレギュラーカステラより、カロリーも一切れ30kcalくらい少ない。

そして焼き時間も多くかかるとか。

さらに焼く時の火加減は高度な熟練技術が必要だそうで、
ごくわずかな職人だけが出来るということです。


一切れ149kcalですが、一切れでは食べ足りず
ふた切れではちょっと胸やけ という微妙な感じです。


店舗によっては予約が必要な商品のようです!



にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
福砂屋特製五三焼かすてら

Comments 0

Leave a reply