空き瓶

ARTICLE PAGE

キッチン88の「鷄肉のバジル炒め」がなかなか。

エスニックのレトルトでおなじみの「キッチン88」シリーズ。
ときどき買ってストックしておきますが、今回も半額になってたのをすかさず。

とくに賞味期限が近いとかではないです。
商品入れ替えかな?

キッチン88「鷄肉のバジル炒め」

缶詰にもなったりしてるし、割とメジャーな「鷄肉のバジル炒め」。
ごはんに乗っけてガパオライス。

たしかガパオ=バジルだったと思います。

ただしイタリアンのバジルとは別物の、ホーリーバジルというやつ。


キッチン88「鷄肉のバジル炒め」

別皿に入れてレンチン。
油だかスープだかわからないけど、かなり汁ダクです。

このままご飯にかけるのはためらわれるほどのスープっぽさ。
パスタにかけるならこのままでもいいかも。


キッチン88「鷄肉のバジル炒め」

というわけで、ちょっとずつすくって汁を切ってからごはん乗せ。
with半熟目玉焼き。 タイではたぶん揚げ目玉(フライドエッグ)。

たけのことか具だくさんで、ひき肉もかたまりで食べ応え有るし
バジルは効いてるし、 何より想像以上に辛い。

そしてうまい!


このときは生パクチーが売って無くて
目玉焼きしか添えられなかったけど、パクチーがあったらかなり本場の味になったはず。

もちろんこのままでもおいしいけど、
やっぱりなんかハーブ的な生野菜がほしかったな!


今度はパクチーを用意してリピートしたい。
タイ料理はビールがススム。



にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
キッチン88,鷄肉のバジル炒め,ガパオライス

Comments 0

Leave a reply