空き瓶

ARTICLE PAGE

東京から京都。「KYOTO CLASSIC(京都クラシック)」

KYOTO CLASSIC(京都クラシック)
★本日の空き瓶★
きょうと くらしっく


原材料名 麦芽・ホップ・米
アルコール分 5%
製造者 黄桜株式会社M
内容量 330ml


文化の気品と現代のライブ感が融合した雅の京都クラフトビール。

京都生まれの酒造好適米「祝」と伏見の名水「伏水」を使用した趣のあるレッドエール。
雅でありながら最先端。
繊細でありながら華麗。
その味わいは、この街のこころを今に伝えるクラシック。
胸の奥に都の調べが満ちてくる。
(ボトルラベルより)




同じ「このまち」シリーズ?の東京ブルースは以前のみました。


で、大阪の黄色いラベルは飲んだかどうだか…
と考えてるうちに東京ブルースが別の種類を出したりして。


でもさすがクラフトビールと言ってるだけお高いんですよね!

ビール税が下がったら、クラフトビールももっと安くなるんだろうか??



半額でも普通の大手生産のビールよりもお高いしね…
量もちょっと少ないしね…


KYOTO CLASSIC(京都クラシック)


このシリーズは全部同じ会社が作っているわけではなくて、

東京ブルースは石川酒造
大阪ベイブルースは小西酒造
京都クラシックは黄桜

というふうに、それぞれ違うんですね~~~  なんかおもしろい。
でも1本あたりが高い。


東京ブルースもエールだったけどこの京都クラシックも黒み強めのレッドエールでした。

毎日飲みたいかと言われれば違うけど、エールビールはなんかほっとする味わい。
ほぼ黒ビールな気がする。



 
にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
KYOTOCLASSIC(京都クラシック)

Comments 0

Leave a reply