空き瓶

ARTICLE PAGE

ソーメン?ラーメン?そこはそれほど悩むこともない「赤のそうらーめん」

ワゴンセールの中に入ってたのに、よく見たらセールされてなかった。
けど100円くらいだからいいか、と買った。


赤のそうらーめん

赤のそうらーめん

そうらーめんの存在は知ってたけど、
そうめんも細麺のラーメンも、 特にそれほどの違いはないというイメージ。



赤のそうらーめん


袋の表をみると、そうめんみたいにつゆにつけて食べるのが基本?

でも袋の裏にある、冷やし中華風にしてみることにした。
つゆにつけて食べるそうめんだと、具材がさみしいし。


赤のそうらーめん

中身は麺と「シビ辛醤」のみ。 つゆはついていないので注意です。 
自分で用意したつゆに「シビ辛醤」を混ぜてつけつゆ、あるいはかけつゆを作ります。


ふだんそうめんとか乾麺の麺類は、自分的には80gくらいがちょうどいいのですが
赤のそうらーめんはめんが200gで2人前。

 「シビ辛醤」が2回分しかない都合上、ちょっと多いけど100gで調理。
案の定てんこもりに…。


赤のそうらーめん

今回用意したつゆは「桃屋のつゆ」。つゆはこれが一番好き。
そこに酢を混ぜて、「シビ辛醤」を溶かしてぶっかけつゆを作ります。

トッピングは太すぎる白髪ねぎ、きゅうり、トマト、ハム、香草のラインナップです。

冷やし中華に香草って合うー! でも実のところ、冷やし中華に一番欠かせない食材はきゅうりです。


麺にも唐辛子が練りこんであるようですが、麺の辛さはあんまり意識されないです。

つゆが(シビ辛醤入り)ものすごくいい仕事してます!
辛ウマ!! おそらくピリ辛より若干、いやもっと辛い。

この「シビ辛醤」に100円出したと言っても過言ではないでしょう…。
これだけ売ってないかな。 これさえあればいい感じだな。


もう1回分はベースのつゆを何にしようか考え中。
ゴマダレもよさそうだし、シャンタンみたいなのもよさそう。




にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
赤のそうらーめん

Comments 0

Leave a reply