空き瓶

ARTICLE PAGE

謎の食べもの「アテモヤ」攻略。

「アテモヤ」とは…

アテモヤ

アテモヤは、世界三大美果(ドリアン・マンゴスチン・チェリモヤ)のチェリモヤと、バンレイシ(釈迦頭(しゃかとう))とをかけ合わせて作られたフルーツです。「釈迦頭」とはうまいことつけたものです。
台湾で食べられるみたいですね!

「森のアイスクリーム」とも呼ばれている珍しい果物。

アテモヤ

アテモヤ

どちらかというと、しなびたリンゴか怪獣っぽく見える。

現地沖縄よりお取り寄せ。 とにかくスーパーでは見たことのない果物です。


アテモヤ

パッカーン。 特に堅過ぎることもなく包丁は通ります。
というか、外皮が柔らかくならないと食べられません。

いつ柔らかくなるか見当もつかないので、カチカチの間は台所の床に転がしておいて
ときどき突ついて確認してました。

そして柔らかくなったので冷蔵庫へ!


アテモヤ

「森のアイスクリーム」と言われるので、スプーンですくって食べてみます。

スプーンの入り具合は、溶けかけたアイスクリーム もしくは やわらかめの杏仁豆腐。


味は柔らかめのマンゴーっぽいような? ライチっぽくもある?
もっとマンゴーよりまろやかな味わいで、じゅわっとした感じです。

そして、後味に洋ナシのようなシャリシャリっとした感じがちょっとある。


アテモヤ

うまい です。 外皮とタネ以外全部食べられました。

でも種が多くて、種の周りもワタっぽく(柿の種の周りについてるのっぽい)
あんまりザクザク食べられる感じではありません。 ひとすくいしたら必ず種があるような。

でもおいしい! 南国フルーツなのは間違いない!

1個まるまるは多いから半分残して翌日に食べたけど、特に大幅に変色するとか 
そういうことはありませんでした。


低カロリーで各種ミネラルやビタミン類がバランスよく含まれいるそうですよ!
現地沖縄でもそこらへんにあるものではないらしいです。


またお取り寄せしようと思います!




にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
アテモヤ

Comments 0

Leave a reply