空き瓶

ARTICLE PAGE

初見のスコッチ。「River Queen(リバー・クイーン)」

River Queen(リバー・クイーン)
★本日の空き瓶★
りばー・くいーん


容量 700ml
アルコール分 40度
原材料 モルト・グレーン
原産地 スコットランド
輸入者及び引取先 ㈱ハーベスト・トレーディング
販売元 ㈱サケネット




町中にある、ふつうの個人商店のようなこぢんまりした酒屋で購入。

はじめて見たけど激安だったので即決。
700円くらいだったかな? 確か税抜き表示は600円台だった!


安ウイスキーは、えてして40度以下とか度数が低かったりしますが
このウイスキーはちゃんと40度ある。 

安さの秘密はなんなのかね~ ブレンドの割合かな?


ネット販売では見当たらなかったけど、このスコッチを見て思い出したのが

「My name is Oliver Queen …」 のナレーションで始まる海外ドラマ「アロー」でした!


「アロー」は、ロビンフットみたいな緑のフードをかぶった実写版アメコミヒーロー。
弓と矢で悪党から町を救う主人公の名前が「オリバー・クイーン」です。

ところどころダルイところもあったけど、総合的にはとっても面白い海外ドラマです!

実は私は海外ドラマフリークなので、
毎日毎日CS放送の海外ドラマばっかり見ています。


アローは先日シーズン3まで終わって、これで完結でもおかしくないな… めでたしめでたし。
と思いましたが、シーズン4もあるもよう。
仲間もだいぶ増えたし、この後の展開も楽しみです!



えーっとそうそう、スコッチの方の「リバー・クイーン」ですが…

度数はあるのに味が薄っぺらくて、あんまりおいしくありませんでした。
香りもどことなくプラスティック風…  

でも原液でなめたら、ほんのり甘味もあってそれほど悪くはないカンジ。

かといってリピートするかというとナシなウイスキーでした。





にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
RiverQueen(リバー・クイーン)

Comments 2

ky

No title

昔のウイスキーは等級でアルコール度数が違ってました。
確か2級37度、1級39度、特級40度以上だったかな?
別にアルコール自体が高級なわけでは無く、原酒の含有量で
等級を決めてたようですが、それを表には出さずにアルコール度
を指標にしていたらしいです。
アルコール度数なんて原酒の含有量に関係なく調整できますからね。

2015-12-20 (Sun) 19:06 | EDIT | REPLY |   
十里">

十里

Re: No title

>kyさん
日本酒とかの等級表示が無くなってから久しい気がしますが
まだそんなに何十年も経ってなかったですね。

級が表示されてるとギフト向けには分かりやすくていいかもしれませんが
お酒の価値でランク付けされてたわけじゃないので
作り手には微妙な制度だったかもしれませんね。

2015-12-21 (Mon) 14:23 | EDIT | 十里さん">REPLY |   

Leave a reply