空き瓶

ARTICLE PAGE

あ~あ、無くなっちゃった。「初号ハイニッカ復刻版」

初号ハイニッカ復刻版
★本日の空き瓶★
しょごう はいにっか ふっこくばん


原材料 モルト・グレーン
容量 720ml
アルコール分 39%
製造者 ニッカウヰスキー株式会社6
販売者 アサヒビール株式会社


ニッカウヰスキー創業者:竹鶴政孝は、「手頃な価格でおいしいウイスキーを飲んでもらいたい」との想いで、1964年にハイニッカを発売しました。
「初号ハイニッカ復刻版」は、現存する中味をニッカウヰスキーが誇るブレンダーがテイスティングし、当時の香味を再現しました。
余市モルトの甘さとコク、ほのかなピート香。
モルトウイスキーとカフェグレーンの調和による、伸びの良い香りと味わいが特徴です。

(ボトルラベルより)




確保した復刻版シリーズもどんどんなくなっていきます。

初号ハイニッカ復刻版

現在のハイニッカ。

1964年当時は500円で発売されたそうです。

ボトルラベルにある「HiHi(ハイハイ)」は「Hi-Fi(ハイファイ)」から来ているそうです。
ハイファイは当時流行していた、「高品質」を意味する言葉。

「ハイハイ」とあるけど商品名は「ハイニッカ」です。
「ハイハイ!」というノリのいいリズム感で、親しみを持ってもらいたいと思ったとのこと。


初号ハイニッカ復刻版

復刻版シリーズの中でもクセが無く、度数もちょっぴり低め。
だからか、ハイボールにするには一番ちょうど良かったです。



残る復刻版シリーズはアレ。
しかも瓶底にあと1センチくらいしかありません!



にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
初号ハイニッカ復刻版

Comments 2

ky

No title

数ヶ月前に通販で買ったハイニッカ4Lペットが1本半くらい
残ってますが、復刻版と飲み比べたかったです。
その後買ったブラックニッカクリアのほうが若干好みなので
当分無くなりそうもありません。

Hi-Fi懐かしい言葉ですね。
中学のとき新聞配達をしてやっと買ったラジカセはモノラルで
したが、同級生の家にHi-Fiのステレオが有って、ディープ
パープルや三波春夫のLPを聴いた覚えがあります。

2015-05-04 (Mon) 19:22 | EDIT | REPLY |   
十里">

十里

Re: No title

>kyさん
復刻版シリーズの中でハイニッカは今も割と残っているみたいです。
値段もほかのぼったくりと比べて適正っぽいし。

中学生で新聞配達なんてエライですね!
そしてディープパープルと三波春夫のギャップが面白いです。

2015-05-05 (Tue) 12:01 | EDIT | 十里さん">REPLY |   

Leave a reply