空き瓶

ARTICLE PAGE

ぎゃあああ 和田さんからコメントが…!今日は白。「SOLORO CHARDONNAY(ソロロ シャルドネ)」

ソロロ シャルドネ
★本日の空き瓶★
そろろ しゃるどね


原産国 チリ
容量 750ml
アルコール分 13%
食品添加物 酸化防止剤(亜硫酸塩)・安定剤(アラビアガム)
輸入者及び引取先 三菱食品株式会社


【チリ産 白ワイン】
ソロロとはスペイン語の造語で「黄金の太陽」を意味します。
このチリワインは、主要ワイン用ブドウ産地「カチャポアルヴァレー」に拓かれたワイナリー「カミノリアル社」の日本人ワインメーカー和田ロベルト恒多氏によって、特別にプロデュースされた果実味豊かなワインです。

【味わい】
南国系フルーツの甘い香り、ほどよい酸味、口当たり軽やかなやや辛口の白ワイン。
【適温】
8~10℃


(ボトルラベルより)


我が家おなじみの生協の宅配「おうちコープ」で、赤とセットで購入した白ワインです。

赤のときの記事はこちら


そこで初めて目にした添加物「繊維素グリコール酸Na(CMC)」について
やだな~コワイな~と 稲川淳二風に感想を書きなぐっていたのですが、

そのCMCについて、
「ソロロ」を造ってる和田ロベルト恒多さんからコメントをいただいてしまいました!
(鍵コメなので非公開ですが。)


ソロロ カベルネソーヴィニヨン
多分和田さん。


この添加物を今まで目にした事が無かったのは、
・世界的な流れとして、CMCをワインの安定剤で使うトレンドになってきている
・日本および世界で法的には表記する必要のない添加物
ということだったからなんですね~

つまり表記する義務はないけど、
こだわりの食生活観がある人が多い生協取扱の商品だし
全てを正直に申告・記載しているというわけだったんですね。


そして安定剤の役割を、
ワインを樽熟成させる場合に、樽の木材(セルロース)がワインに溶け込むのと同じ原理で
瓶詰後のワインが安定して、再発酵や沈殿物が発生しないようにと使われている
という風に分かりやすく教えていただきました!


ふう~~~ 「ウチの商品に言いがかりつけんなや!」と怒られたんじゃなくて良かった…



で、今回は白です。

赤も呑みやすかったけど、白はそれに輪をかけたようにグイグイいけてしまって
気付いたらあと5センチくらいしか残ってませんでした。

二日酔い防止に、ワインは2日に分けて呑んでいるのに!

しっかり呑みごたえ有りつつ、軽い口当たりで
とってもおいしいワインでした!
(造り手の和田さんに見られているからといって、お世辞を言ってるわけではないですよー!)


お代わりしたいけど、生協だけで扱ってる商品みたいだし
次にいつカタログに載ってくるか分かりません。 実店舗に置いてあるかな?


見かけたらまた買おうと思います!



にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
ソロロシャルドネ

Comments 0

Leave a reply