空き瓶

ARTICLE PAGE

お口が痛い時のやわらかごはん

昨日は呑んでないので、今日は
私が試した「口の中が痛い時のやわらかご飯」でも紹介します。

おかゆとかゼリー飲料は腹にたまらないのでナシです。


まず 失敗だった のが、
午前中に抜歯した日のお昼ごはん。

「やわらかいもの~」と思ってサンドイッチを買って帰ったのですが
(血が止まってないのにきっちり食べる気でいるところがもう)

これの失敗点はレタスが入っていたことです。

かぶりつき系は厳しかったので、一応小さい一口サイズにカットしてたべましたが
レタスが傷口にザクザクザクザク刺さって大失敗でした。 痛いの痛くないの。


で、その日の夜はシチューかけごはん。 それをチマチマ食べる感じでしたね~
シチューは栄養たっぷりだし、ごはんもやわらかくなって食べやすいです。


そして次の日の朝もスープかけご飯。 
カップスープにご飯ちょっと入れて、お茶漬けみたいな感じで。

お茶漬けでもいいけど、お茶漬けよりスープの方が
具が入っていて食べ応え有ります。


そしてその日の昼には普通に固形のごはん食べてました。
しかもガパオ飯。 こんなやつです。


タイの台所 タイガパオチキン ( 125g )/ タイの台所


で、抜歯の時はそんな感じで
あとはだいたい普通ご飯で大丈夫でした。



インプラント埋め込んだ今回は、まず当日の夜が豆腐と卵と野菜のスープ。
さすがに豆腐や煮込んでやわらかくなった野菜すら痛い状態。

しかし食べないという選択は無し!!!


痛い痛いといいつつ、翌日の朝ご飯は
普通ご飯に温玉・シソ昆布のせ、そしてみそ汁。

抜歯のときより固形物を食べるのが早かったです。お昼はパスタだったし。
しかもペペロンチーノにタバスコで、食後にかっぱえびせんだし。


そしてここまで固形物を食べているのに、夜は豆腐グラタン。

豆腐グラタン

豆腐と卵を泡立て器でほぐして、ミートソースを乗せて、チーズを乗せて、コーンも乗っけて
トースターでこんがり焼いて出来上がり。

これは我ながら美味しく出来ました! やわらかくて優しい口当たりだし。



翌朝はカップスープかけリゾット風ごはん。

スープかけリゾット風ご飯

ご飯適量に、好きなカップスープ(今回はほうれん草のポタージュ)を
濃い目に溶いてかけ、さらにピザチーズを乗せて、 レンジでチン。

スープとして飲むときに150ccのお湯で、と書いてあるやつなら
100ccくらいがちょうど良かったです。


豆腐とチーズ多用しているのは骨づくりのためです。

ただしカルシウムだけじゃ骨はできないので、コラーゲンもとらないといけません。


この方法を続けたせいかどうか、抜歯後かなりしっかり骨が出来ました!

コラーゲンはサプリでも摂っていたけど、牛すじをかなり多用しました。
あとゼリーとかグミ。

骨粗鬆症予防にもいいですよ~~~



にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
口の中が痛い時のごはん

Comments 0

Leave a reply