空き瓶

ARTICLE PAGE

「Blue des Basques(ブルー・デ・バスク)」ブルーチーズはしっとりもホロホロもどっちもおいしい。

Blue des Basques(ブルー・デ・バスク)は、おフランスのバスク地方で作られている
羊の乳のブルーチーズです。

Blue des Basques(ブルー・デ・バスク)

ブルーチーズは最初は緑のカビも、熟成が進むにつれ青くなってきます。
今回買ったブルー・デ・バスクは、両方混在している感じですね。


Blue des Basques(ブルー・デ・バスク)


今回のブルー・デ・バスクは生地がわりとしっかり目で、セミハードに近いです。

もっと汁っぽくって、開ける前からビチビチした感じが見てとれるチーズは
「汁が変なとこ飛んだら…!」
という緊張感に包まれます。


Blue des Basques(ブルー・デ・バスク)

もちろん当然半額です。
半額でも一切れ600円以上する代物なので、お店で頼んだらもっと高いのは当然でしょう。


Blue des Basques(ブルー・デ・バスク)


ミルク感あり。塩気もカビも控えめ。

フォークでカットしたけどホロホロするので、
はちみつとかメープルでまとめて食べると食べやすそう。

あえて崩してサラダやチーズ焼きのトッピングとかおいしかったです。


チーズ焼きにするときは、何種類かチーズを混ぜると
チーズの味の違いが明確に分かって楽しい。



にほんブログ村 酒ブログ 家飲みへ にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
BluedesBasques(ブルー・デ・バスク)

Comments 2

ky

No title

私もチーズに100g1200円は出せないですね。
ブルーチーズのようなナチュラルチーズはどんな状態で輸送
されて来るのか、賞味期限はどの時点から設定されるのか疑問ですね。

2017-04-19 (Wed) 20:40 | EDIT | REPLY |   
十里">

十里

Re: No title

>kyさん
買えるけど買いたくない価格ってありますよね。
キャベツとか白菜なら1玉500円以上だったりとか…

チーズの賞味期限は小分けにカットして販売準備に入ってからスタート、
っていう気がしますね。
ほっておけばずっと保存・熟成し続けられそうだし。

2017-04-20 (Thu) 11:36 | EDIT | 十里さん">REPLY |   

Leave a reply